【漫画】単行本10巻以内の熱い漫画ランキング(2020年編)

あっという間に9月です。
ブログの更新すっかり忘れてました。

ここ3年ホントに漫画がおもしろい。ということで現在連載中で単行本10巻以内の熱い漫画をランキング形式にしてしました。(くけこまの独断と偏見で選択)

10位:BREAK BACK

●内容: 怪我でプロを引退した選手が高校のテニス部のコーチになり、全国大会を目指すテニス漫画。Baby Step以来ですテニス漫画読むのは。
作者が元テニスのプロということで「人が大きくなったり」「球の強さで人が吹き飛んだり」といったシーンは見ることができません。
少年チャンピオン連載中 1~8巻発売中

9位:ブクロキックス

●内容: ブラインドサッカー漫画。新宿最強のサッカーチームに勝てば1000万もらえるというところか始まります。大学生時代別のゼミの友人に誘われてやったことがありますが、周り見えないし別の人蹴る大変でした。
ヤングマガジン連載中 1~2巻発売中

8位:角栄に花束を

●内容: 田中角栄の自伝!です!麻雀で国家争いしてる漫画家さんの作品だったのでどんなもんかなと思ったのですが、うん、面白い! 私の歳だと田中真紀子の父親・ロッキード事件のイメージしかないのですが、 中卒とか関係なく20代で経験豊富すぎ笑 今後も期待
ヤングチャンピオン  1~2巻発売中

7位:プラネットガール

●内容: 宇宙人の少女と物語。2巻までだと伏線が張られるだけ張られて、まだ詳細がなんもわからない(笑)。 ソラは(表紙左の女の子)は人間型の宇宙人なのか、ムーピ型なのか(火の鳥 未来編のアメーバみたいなやつ)、それとも別の何かなのか。とりあえず3巻待ちます。絵柄が好き

6位:二月の勝者 ―絶対合格の教室―

●内容: 東京の中学受験を題材にしたストーリー。吉祥寺の中学受験の塾がモデル(吉祥寺の塾に10年以上前通ってた私からするとモデルがENAとサピックスにしか見えないですが笑)大学から地方の友人ができて知ったのですが中学受験が熱心なエリアは首都圏のみ?なんですよね。北海道と愛知の友人ののみで語ってますが。(関西はどうなんだろ?)

5位:正直不動産

●内容: 千3つ (1000個のうち本当のことは3つのみ)の不動産業界で 嘘がつけなくなった不動産営業マンのストーリー。昨今の地面師・サブリース(かぼちゃの馬車)などを題材にしてます。
漫画内の名言「儲かるなら他人に言わないでしょ。普通」
帯でこの漫画をおすすめする方々がまた濃いメンツです笑

4位以下は個人的に来年の漫画大賞になるのでは?という漫画。
まぁ、一部賞とっているのですけど笑

4位:満州アヘンスクワッド

●内容: 戦時中の 満州国でアヘンを巡った 物語。昨今大麻で捕まる方が多いですが、こちらはアヘンの話。アヘンをめぐって今後主人公・関東軍・中国共産党(当時だと国民党か)がどう関わるのか注目。

3位:僕の心のヤバイやつ

●内容: 市川と山田さんの物語。1巻は普通って感覚だったのですが2巻以降は面白さのストップ高を連続で続けてます。ムズキュンって言葉が正しいのか、30代の私がどきどきします・・笑 心臓が悪いわけじゃないよ

2位:パリピ孔明

●内容:五丈原で亡くなった諸葛孔明が現代の日本に生まれ変わり(転生)、クラブで月見英子(歌手)と出会い、英子の歌を3回聞いたお礼として孔明が英子の軍師となり、ベルギーで開催される世界最大のEDMフェス(*1)の出演を目指します。

1位:ブルーピリオド

●内容: リア充高校生がとあるきっかけを元に東京芸大を目指すお話。1巻買った翌日にあまりの面白さに全巻大人買いしました。自分が高校生ならこの漫画読んだ翌日にはすぐ第一志望芸大に変更したんだろうなと。当時伊坂幸太郎さんの「砂漠」を読んだ次の模試は東北大に志望校を変えたくけこまです。そのあと、万城目さんの本読んで、京大に変えました、結局どこも受けてないのですが。漫画大賞作品ですね。

Written by 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です