【漫画】株式投資を始める上でおすすめ漫画

知識を得るならマンガが一番である。(*1)昔何かの漫画を読んでいるとき、妙に心に残っている言葉でした。勉強もそうですが文章だけで覚えるより、絵、文章両方で記憶したほう良いと感じます。
そういう点、漫画は物事を始めるうえでとても有効と考えているくけこまです。
どうせインベスターZお勧めするんだろう?って思われますが、除いてます。
*1:アドルフに告ぐ3巻の赤瀬川原平 さんの解説文章でした。(2020年5月更新)

①ヘンテコノミクス

● いきなりですが。あなた自身の所有資産が100万円だったとします。
以下の2パターンの場合、どちらを選びますか。
①100万円が100%もらえる。
②200万円が50%の確率でもらえる。
→一般的に①を選ぶ人が多いと思います。私も間違いなく①を選びます。

では次のパターンだとどちらを選びますか。
①50万円を100%支払う
②100万円を50%の確率で支払う
→今度は②を選びます。

上記はダニエルカーネマンさんが発表した損失回避の法則(人間は損失を回避する傾向)です。
株の話に例えます。
株を購入して含み益(プラスになっている)、含み損(マイナスになっている)になったとします。よほどの鋼のメンタルでない場合、同じ金額であっても含み損の方が確実にメンタルに来ます。
株はメンタルゲーム(含み損に如何になれるか)だと思ってます。笑
なので、まずこの本を読んで頂き 「人間(自分も含め)って結構いい加減な生物なんだなぁ」 と思い、含み損にも慣れましょう!笑

もう一つ。
2019年10月から2020年4月のTwitterで情報を収集すればわかりやすいですが、好況期には「暴落時に買う」という発言が溢れてますが、いざ暴落時、最近ですとコロナショックが起きると「まだ下がる」、「まだ買うには早い」、「二番底」等、好況期と異なる発言をします。是非投資アカウントを何名か遡ってみてみてください。 一体発言者たちの暴落とはいくらのことなのでしょう?と揶揄したいわけではなく、 「人間(自分も含め)って結構いい加減な生物なんだなぁ」 ってことなんだと思います。

② マンガ 恋する株式相場! ゼロからわかる! 投資入門

●ダイヤモンドZAIで連載している投資漫画。ここ1~2年で会社の方・大学の友人から「初めはどの投資本読めばいいですか。」と質問された際、「お金の基本」をお勧めしてたのですが、今ならダントツこの漫画を推します。初回の話が株主優待の話なので、入りやすいかなと。初心者向けと書いてるわりに「イナゴ投資」や「全力2階建て」についても記載があり、いまだに読み返すと勉強になることがたくさんあります。株が好きなら人ならだれでも楽しめるはず!
※最近この漫画とブルーピリオドを全力で押す人みたいな感じになってるのは少し反省

私はEPSだけ見て投資してます。(推奨はしてません。)

③ ONEOUTS

●とうとう投資・経済漫画ですらなくなりました。ライアーゲームの漫画家さんの作品です。正直投資を理解するだけなら「②マンガ 恋する株式相場! ゼロからわかる! 投資入門 」読んでれば問題ないと思います。ONE OUTS自体はギャンブル・心理学野球漫画です。まずこの漫画の良いところは低回転高速ボールと高回転低速ボールについて学ぶことが出来ます。プロ野球選手もなかなか打つことが投球を学ぶことが出来ます。


・・・・真面目に書きます。この漫画で行動力の大事性を学べます。12~13巻のリカオンズ菅平さんの打席のシーンを4回くらい読んでいただけるとわかります。

何が言いたいかと


いくら投資の勉強したところで証券口座作らなきゃ何も始まりません。

重要だからもう一回書きます。
いくら投資の勉強したところで証券口座作らなきゃ何も始まりません。
思考停止して何も考えずに行動することは良くありませんが、②を途中まで読んだらすぐに証券口座作りましょう。
どの証券口座にすればよいか。色んな方がブログで書いてますので、
”株 口座 おすすめ”で自分がしっくり来るのを選んでみましょう。私はSBIとマネックスを使用してます。

不動産投資の本大量に読んだにかかわらず(過去7年で20~30冊くらい)、いまだに物件を買えない行動力のないくけこまに言われたくない言われればそれまでですが。

Written by 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です